か な ぐ や   の   け ん ち く
 

金具屋「建築」のページにようこそ。
金具屋九代目(予定)の西山和樹です。
ここでは、当館の建築について、木造四階建「斉月楼」を中心にご案内していきたいと思います。

 また、「客室のご紹介」、にて館内全29室の写真入りの紹介を、「食事処のご紹介」、にて当館の宴会場のご紹介をしております。どうぞご覧下さい。

当館、全29室、写真入りの客室のご紹介です。
棟の紹介、客室の簡単な説明、間取り、対象となるプランのご案内をしております。客室選びの参考にしてください。
詳細へ
 2003年7月1日、当館の「斉月楼」と「大広間」が、国の登録有形文化財に認定されました。これは国民の貴重な財産である文化財を幅広く後世に引き継いでいくため、平成8年6月、文化財保護法の一部を改正し、導入された文化財等登録制度です。
詳細へ
登録文化財「大広間」をはじめ、当館がもつ食事処のご紹介です。
詳細へ

 - 特設サイト -
 
 コラム -斉月楼はなぜ似ているのか


■館内文化財巡り 毎日17:30〜(約35分) 参加無料 ※要予約


金具屋には国の登録文化財に認定されている建物が2棟あります。

ひとつは木造4階建ての 「斉月楼」

、もうひとつは本間130畳の折上げ格天井 「旧温泉会館・大広間」

両方とも昭和11年に完成した建物です。

この二つの文化財を中心に歴史の話などを交えて館内をご案内する「金具屋文化財巡り」

金具屋にご宿泊の方を対象に

ご希望があれば午後5時30分から35分程度お話しさせていただいております。

建築、旅館文化の歴史のご興味のある方はぜひご予約ください。



昭和初期頃の旅館建築というものはそもそもそれまでの日本建築の伝統やしきたりにとらわれない遊び心に富んだ異色な建築が特徴です。

現代では存在しえない、当時の宮大工さんの技術や心意気を感じてもらえればと思っています。


ご注意
※参加できるのは金具屋ご宿泊の方のみとなります。
※時間は事情により変更となる場合があります。
※階段や段差を移動いたします。また冬場は寒くなりますのでお支度は万全にお願いします。



 建築のみどころ

木造四階建「斉月楼」概要 <斉月楼客室紹介のページはこちら

昭和11年完成
施主:六代目 西山平四郎
棟梁:三田清助(小布施)

昭和初め。六代目西山平四郎はこれからの観光旅行の時代に向け、日本各地の名旅館を宮大工とともに泊まり歩いた。
およそ一カ月以上もさまざま建築を見て回り、それらを参考にしてたてたのがこの斉月楼である。

各客室を一軒の家に、廊下を外の風景に見えるようにつくるという発想や、水車の部品など古い建材を新しい建物の飾りとして使うという発想は、当時としては非常に斬新であった。

そもそも「旅館建築」とはそれまでの伝統やしきたりにとらわれない派手で豪華で奇抜な造形が特徴である。それぞれの場所で材料や細工が異なる造りは、廊下をゆっくり歩くだけでも楽しいものである。
反面、木造四階建てをおりなす構造は、宮大工が永年培ってきた技術の粋をあつめた「伝統軸組構造」。
八間半(約15m)の杉の通し柱13本をたて、釘や金具はほとんど使わず木の組み合わせだけでつくりあげている。

それが80年近くたった現在も、ほぼ当時のままの姿で残っているのである。

平成15年には我が国の登録有形文化財に認定。


昭和25年の建築基準法において、木造四階建は建設が禁止となった。
その他消防法等でも規制が厳しくなり、現在新規には建てることも旅館として営業することも認められない建物である。

そのような我が国において、木造四階部分まで客室として宿泊できる宿は、残念ながらほとんどなくなってしまった。

昭和初期のほんのわずかな時間にだけ許された、「温泉宿」の究極のカタチ。

それがこの「斉月楼」である。  <斉月楼客室紹介のページはこちら

当館、全29室、写真入りの客室のご紹介です。
棟の紹介、客室の簡単な説明、間取り、対象となるプランのご案内をしております。客室選びの参考にしてください。
詳細へ
 2003年7月1日、当館の「斉月楼」と「大広間」が、国の登録有形文化財に認定されました。これは国民の貴重な財産である文化財を幅広く後世に引き継いでいくため、平成8年6月、文化財保護法の一部を改正し、導入された文化財等登録制度です。
詳細へ
登録文化財「大広間」をはじめ、当館がもつ食事処のご紹介です。
詳細へ


か な ぐ や   の   け ん ち く