◆501 黒書院(くろしょいん)◆


 

 黒書院の名にちなんで天井、障子、襖が、黒漆であしらわれています。

 格天井の間には、菊の御紋がつけられており、この部屋に皇室関係の方が宿泊されたという証だそうです。

 また、ふすまに見える雲のような建具、花頭窓などは、仏教の世界観を表しております。

 

 なまこ壁と門が入口です。お部屋からお出かけの際は、錠前をおかけください。

Aプラン

本間8畳+次の間4畳

※次の間表記について

潜龍閣2階

黒書院門戸錠前


◆502 志のぶ(しのぶ)◆


 2001年にリニューアルされたお部屋の一つです。

 曲がった竹の床柱、椿のあしらわれた窓のついた書院と、変った意匠が目にとまります。

新しくかつ懐かしい旅館の雰囲気をのこしております。

Bプラン

本間10畳+次の間2畳

※次の間表記について

潜龍閣2階

書院


◆503 ことぶき


 2001年にリニューアルされたお部屋の一つです。

壁一面の窓は昔ながらの旅館の雰囲気。ぜひ高欄に腰掛けて、温泉情緒を楽しんでください。 

ことぶきの名にちなんで、床の間には七福神の一人、寿老人がたたずんでいます。

Bプラン

本間10畳+次の間2畳

※次の間表記について

潜龍閣2階

寿老人


◆504 淡路(あわじ)◆


 2001年にリニューアルされたお部屋の一つです。

部屋の隅の一角が書院になっており、ゆっくりと読書でもいかがでしょうか。

また、お部屋の目の前が貸切風呂岩窟の湯となります。遠くまで足を運ばずになんどでもお入りいただけます。

Bプラン

本間10畳

潜龍閣2階

書院


[潜龍閣トップに戻る] [潜龍閣505〜507] [潜龍閣508〜511] [宿泊料金プラン画面へ]