■潜龍閣--senryukaku

2001年善光寺を手がけていた宮大工によって全面的に客室改装が行われました。

もともとは金具屋のはじまり、ここに温泉が湧き出したことで温泉宿となったのです。

潜龍閣への地下通路はケヤキの階段。ケヤキを贅沢に切り出したものです。

宝暦8年に敷地内から湧き出した温泉(現在の浪漫風呂源泉)を囲うように建てられており、古き温泉宿の風情を感じさせてくれます。

この棟の一番奥には「黒書院」「白書院」という明治時代の中期に造られた上室があります。


潜龍閣(木造2階建11室) 御部屋一覧 
二階 一階
501 黒書院 507 陸奥
502 志のぶ 508 越路
503 ことぶき 509 西海
504 淡路 510 高千穂
505 鳴門 511 白書院
506 白鷺

[お部屋の御案内メイン画面へもどる]

[宿泊料金プラン画面へ]