◆104 安曇野(あずみの)◆

本間以上の広さをもつ応接室が特徴の部屋です。

また、次の間も広く、仕切って寝たい方にも便利です。

天井、飾りふすまの伝統的書院造と、洋風の応接室。和洋を取り入れたモダンな日本建築が楽しめます。

応接間の壁の塗り方にも特徴があります。

Aプラン

本間10畳+次の間6畳

※次の間表記について

神明の館2階

応接室



◆105 佐久平(さくだいら)◆

Bプランの中では一番広いお部屋になります。

また、この神明の館は木造ではない為、防音もよく、小さなお子様連れのご家族でも安心してお泊まりいただけます。

で有名な佐久平にちなみまして、床の間には鯉の置物があります。

Bプラン

本間14畳+3畳

※次の間表記について

神明の館2階



◆106 高井の里(たかいのさと)◆

神明の館の客室は信州にちなんだ名前がついていますが、この「高井の里」はこの渋温泉や小布施など、北信州の土地を表しています。

の間、ベランダ部分のほかに3畳分の茶室風の小部屋がついています。

完全に仕切ることができますので、別々にお休みになることも、着替え用に使うこともできます。

Aプラン

本間12畳+次の間3畳

※次の間表記について

神明の館2階

茶室風


[神明の館トップに戻る]

[神明の館101〜103]

[宿泊料金プラン画面へ]